黒ラブ・プリモの日記
しぁ~わせ
プリモにとって“しぁ~わせ”なひと時(のはず)
1206-001.jpg

ひざの上に顔を乗せて骨玩具を咬み咬みし、その内に夢の中へ行ってしまうのが常
プリモのお手々の間には、しっかりと骨玩具が挟まれております
1206-002.jpg

そして、夢の中へ
骨玩具は、こっそり回収です
1206-003.jpg

30分程度なら、この体勢でも全然ですが・・・
それ以上の時間は、さすがにひざが痺れてきます
1206-004.jpg


おまけ
入院中に目撃した、ある光景
1206-005.jpg
いつも、夕方近くになると病室の窓の外が騒がしい??
『バタバタ・クルクル』音がするので、外を見てみると、そこには数多くのハトが
昼間はどこかに行っているらしく居ないのですが、
夕方になるとこの場所に戻ってくる習慣になっている様子でした

Posted by primo1026
comment:2   trackback:0
[プリモの日常
| HOME |