黒ラブ・プリモの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by primo1026
 
[スポンサー広告
順調に回復中
プリモ&私達に沢山の励ましのコメント、有難うございます。
こんなにも沢山の方に気にかけて頂いて、プリモは本当に幸せ者です!!
いつもブログを見て頂いている皆さまには、大変心配をお掛けしていますが、
プリモは順調に回復に向かっています


日曜日のこと。
午前中、プリモの面会に行きました。
ケージの中で立っていたプリモ。
私達を見ると『撫でて!』という表情で、ケージ越しに擦り寄って来ました。
ケージの網々の間隔が狭いので、プリモを撫でると言っても掌では触れない・・・
指で触れてあげるのが精一杯。
まだ元気は無さそうだけど、経過は順調との事。
午後には一回目の血液検査を行い、すい炎を発症していないか数値のチェックを行うと説明を受ける。
あまり長居すると、私達もプリモも離れがたくなってしまうので、10分程度で面会を終える。

毎日のようにプリモの面会に行きたい所だけれど、会いに行ってしまうと、
別れ際にプリモが寂しがったり、『家に帰れる!』と勘違いする可能性もあり、
プリモが治療に専念できるよう、退院の時までは会いに行かず、動物病院の方針に全てお任せする事に。


夕方、動物病院よりTEL。
血液検査の結果は、通常値:5 → プリモ:11。
腸閉塞で嘔吐を繰り返し、腸自体も炎症を起こしていたので、
通常よりも数値が高い事は想定の範囲内。
現状は通常値よりも高いけれど、今の数値が高い低いではなく、
この数値が明日以降、急上昇しないかどうかが重要。
月曜日、再度血液検査をして、数値の変化を確認するとの事。

夕方に一度お散歩にも連れ出してもらい、元気に歩いているという報告も受け、また一つ安心。
でも、今後の数値の変化が気になり、まだ心配な気持ちでいっぱい。。。


月曜日のこと。
月曜日は動物病院の休診日だけど、近況報告のTELを貰う事に。

夕方、動物病院よりTEL。
電話の向こうの先生の声が明るかったので、それだけでちょっと安堵感。
プリモの様子は、至って順調。
いたずらをするまでになり、元気に回復していると聞く
一体、どんないたずらをしているんだか・・・

問題の血液検査の数値は、通常値:5 → プリモ:12。
前日と数値に大きな変化はないので、急性すい炎の心配は無さそう。
数値が急上昇する事はあっても、急下降する事はあまり無いとの事で、
時間をかけて数値が下がってくるのを待つ事になり、
今後の治療過程の中で、間隔をあけて血液検査を行っていくと説明を受ける。

もし、急性すい炎を発症した場合は、
立っていられない位の腹痛、嘔吐、発熱があるというので、
そのような症状が見られない限りは、間隔をあけての血液検査で大丈夫なんだとか。

明日以降の治療方針は、
まず、お水を与えて嘔吐しないかどうか様子を見る。
嘔吐がなければ、お昼以降にふやかしたフードを少しずつ与えてみる。
ウンピがしっかり出せるかどうか確認をしたら、退院の目処がつくとの事。
早くて水曜日の夕方頃、晴れて退院になる予定です

プリモがいない時間。。。
いつもの癖で、プリモが届かない所へリモコンを置いてしまう私達
20120312-001.jpg
スポンサーサイト
Posted by primo1026
comment:10   trackback:0
[病院
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。