黒ラブ・プリモの日記
地蔵院参拝
1月2日のこと。
プリモ&エルモと一緒に向かった先は、滋賀北部の湖北地方。
年末の寒波到来で降った雪が、まだこんなに残ってる
20140107-001.jpg

お目当ては、『木之本地蔵院』。
20140107-002.jpg

ここは、眼の仏様・延命息災の仏様として信仰されている地蔵院。
エルモの眼がこれ以上悪くならないよう、お参りに来ました
子供の頃は、夏の縁日によく来ていたけれど、眼の仏様だったなんて知らなかったぁ
あの頃は、出店が目当てやったからね・・・
20140107-003.jpg

手水舎でエルモも手と口を清めて、
20140107-004.jpg

お参り
20140107-005.jpg

プリモは、延命息災の方かな
20140107-006.jpg

地蔵菩薩の足元には、『身代わり蛙』なる蛙の置物が
蛙のお腹部分にエルモの名前と年齢を書き、身代わりの願をかけます。
20140107-016.jpg

『幸福の梵鐘』では、願い事を一つ心に念じて、鐘を一つつきます
20140107-017.jpg

最後に、『御戒壇巡り』をやる事に。
御戒壇巡りとは・・・
地蔵堂(2枚目写真)の下に作られた真っ暗闇の回廊。
その中を、右手を腰の高さにし、御真言を称えながら一歩一歩進み、
回廊6つ目の角の先にある錠前で願い事を念じるというもの。
母と旦那君はワンズと共に外で待機し、私と姉がお参りに行きます。

中に入ってビックリ
本当に真っ暗で、何にも見えない
眼を閉じて歩くのと何にも変わらない・・・
右手を腰の高さにする意味は、壁づたいに歩かないと先が見えないからだ!
御真言を称えながら進めってあったけど、無理ムリ~
あまりの暗さに、ギャーギャー言いながらも進み見つけた錠前。
ここでお願い事を念じる。
しかし、姉はその肝心の錠前に気付かずスルー
『無い』と言い張るので、壁づたいに戻るも、私も錠前をスルーして戻り過ぎる。
少しでも高さが違うと、肝心の錠前に気付けない
改めて、錠前付近を探り探りして見つけ、姉も無事にお願い事を念じる。
20140107-007.jpg

暗闇回廊から出ると、ワンズがお出迎え
ちゃんとお願いしてきたからね
20140107-008.jpg

地蔵院の後は、私の実家のお墓参りへ。
プリモは残っていた雪にテンション
20140107-009.jpg

この冬初めての雪。
20140107-010.jpg

こんなに少ない積雪量なのに、喜ぶプリモ
20140107-011.gif
20140107-012.jpg

出ちった
20140107-013.jpg

エルモは、冷たいからなのかあんまり嬉しくなさそう
20140107-015.jpg

ちょこっとしか遊んでないけど、時間もあまり無いから終了。
短い雪遊びに、明らかに不満顔・・・
20140107-014.jpg

お墓参りを終えたら、高速使ってビューンと帰宅。
私と旦那君はお買い物へ、プリモとエルモは一緒にお散歩へ
一日中一緒だったワンズ、これで距離が少し縮まったかな
Posted by primo1026
comment:6   trackback:0
[滋賀
| HOME |