黒ラブ・プリモの日記
多分・・・頚椎ヘルニア
11月6日(金)のこと。
神経系の専門医に診てもらう為、
埼玉動物医療センターへ行ってきました
9時までに到着しないといけなかったので、張り切って6時半過ぎに出発。
圏央道も開通した事だし、余裕で到着のはずが・・・
ナビの案内した場所に病院が無い
再度住所で検索したら、5kmも離れた所に病院があった・・・
時間ギリギリで到着した病院は、新しくてとっても綺麗
20151108-001.jpg

プリモは初めての場所に緊張しつつ、いざ診察。
これまでの経緯を説明し、触診&プリモの動きをチェック
後ろ足の麻痺が始まってから2週間弱。
埼玉医療センターに行った日には、かなり回復していた麻痺症状。
これらを踏まえた専門医の見解は、『頚椎ヘルニア』。
かかりつけの病院でもレントゲン撮影はしたけれど、鎮静無しでの撮影だったので、
軽く鎮静をかけた状態で再度レントゲン撮影。
その結果から、頚椎5番6番の間が狭くなっている。
確定診断をする為にはMRIが必要だけど、
『軽度』なので、急いでMRIを撮る必要は無いとのこと。
『頚椎すべり(ウォブラー症候群)』の可能性も無くはないけれど、
ラブで発症する事は滅多に無いし、症状や経緯から判断すると『頚椎ヘルニア』の可能性の方が濃厚。
今後、同じような麻痺症状を繰り返すようであれば、
その時にMRIを撮り、確定診断した上で治療法を決めていくのが良いと説明されました。

『頚椎ヘルニア』は、脊髄を痛めてから一ヶ月以内が悪化しやすい期間らしく、
一ヶ月間は安静にする事が大事。
プリモの場合、最低でもあと三週間は安静生活を続け、
その後、症状が治まっているようであれば、普段どおりの生活に戻して良い。
ただし、高い所から飛び降りる事・玩具などの引っ張りっこは絶対NG
(どっちもガンガンやってたよ・・・
激しすぎる運動もあまり良くないので、今後の遊び方は考えないといけないって

CTやMRIを撮るつもりで朝ご飯抜きで行ったのに、結局その必要は無かったプリモ
一時はどうなるかと、不安&心配で仕方なかったけれど、
これまでと変わらないプリモとの日々が過ごせそうで、とりあえず一安心
撮影が先延ばしになったので、確定診断には至ってないし、
首に不安を抱えてる事に変わりはないけれど、
頚椎ヘルニアと上手く付き合いつつ、
今後の生活に気をつけて症状が出ないように努めよ
20151108-003.jpg
Posted by primo1026
comment:4   trackback:0
[病院
comment
いつも楽しく拝見しております。

ひとまず…ひとまず、とても心配な状態ではないということが分かって、ホッとしています。
まだまだ若いギャルには、安静ってなかなか大変ですが、きっと分かってくれると思います(^^)。

我が家は猫ですが、先日MRIを撮りました。
大丈夫なのが大前提ですが、やはり全身麻酔ですし、病院から「麻酔から覚めて元気ですよ」の電話を頂くまで、ドキドキしていました。
撮影をしなくてもいいなら、そのほうが良いですもんね。

いつもの、笑顔が早く戻るようにお祈りしています。
2015/11/09 20:03 | | edit posted by ラミー
プリモちゃん、とりあえずのホッですね。
散歩でガンガン引っ張るわけではないですよね?
やはり積み重なったものなのでしょうか?
プリモちゃんをブログで見ていると、
アールの方が小柄だけどスタイルも見た感じもよく似てるから(当たり前なんだけど)我が仔も気になります。

もうしばらくは安静ですね。
深まる秋を家族でのんびりお過ごしください。
2015/11/10 14:19 | | edit posted by maki ( R )
Re: タイトルなし
>ラミーさん
訪問&コメント、ありがとうございますe-420
プリモの事も気にかけて下さり、本当にありがとうございます。
MRI撮影は先延ばしになりましたが、そこまで重症化していないという見解だったので、
ひとまずホッとしました♪
MRIを撮らないことには確定診断が出来ないので、モヤモヤは残ったままですけどね・・・
でも、上手くいけばこのまま一生を過ごせるという事なので、
その可能性にかけていこうと思いますe-271
お互いに心配はつきませんが、頑張りましょうね!!
2015/11/10 22:07 | | edit posted by primo1026
Re: タイトルなし
>maki(R)さん
プリモ、とりあえずは『軽度』という事で安心しました~♪
確定ではないので、モヤモヤは残っていますけどねe-330

プリモの頚椎ヘルニアの根本原因は不明です・・・
でも、最初に異変が起こった時をブログで遡ると、
ランで他のワンコとケンカした後からなんです。
それ以降、ワンコ同士で激しく絡んだ後に悲鳴をあげる事が度々あり、
ここ最近では、そういった事をしていなくても、右足を痛がる素振りを見せてたんですよね。
でも、専門医から言わせると、一年半前に痛がった事と今回が繋がっているかは分からないけれど、
可能性的には、別々で考える方が良いって・・・
当初は関節とかだったかもしれないし、今となっては判断つかないですからねe-263
大型犬の頚椎ヘルニアは多いって言っていたので、
少しでも気になる事があったら、きちんと診てもらう事をオススメします。

お出かけには絶好の季節ですが、今年の秋は大人しく過ごしますe-287
2015/11/10 22:16 | | edit posted by primo1026
comment posting














 

trackback URL
http://1026primo.blog74.fc2.com/tb.php/1044-76397953
trackback