黒ラブ・プリモの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by primo1026
 
[スポンサー広告
ありがとう、アデル
5月6日(日)、AM6:30。
実家のアデルが、虹の橋へと旅立ちました。
20120509-007.jpg

私達がGWで帰省している間も、今までと変わらない様子に見えたアデル。
20120509-010.jpg

何か食べていると、おこぼれを貰おうと物欲しげな瞳で見つめるのもいつもと一緒。
20120509-009.jpg

大好きな母親の傍にいたくて、キッチンへの入り口前に張り付いて、
20120509-013.jpg

後ろ足が大分弱くなっていたけど、頑張って歩いて、
20120509-011.jpg

食欲旺盛で、プリモと一緒にオヤツのおねだりもしてたのに。。。
20120509-012.jpg

でも、アデルに会えるのは今回が最期かもしれない・・・という覚悟はありました。

3月下旬、アデルが重い病気にかかっている事が判明。
病名は、『多中心型リンパ腫・ステージⅣ』。
治療をしなければ、4-6週の余命と宣告されました。
治療をしても、完治する病気ではない為、余命を少しだけ先に延ばす事しか出来ない。。。
所々のリンパ節が腫れているものの、体調が悪そうには見えないアデル。
明らかに辛そうだったら、治療をせずに看取るという選択もあるだろうけど、
母は悩んだ末、抗がん剤治療をする事を決断しました。

4月から始まった週1回の抗がん剤治療。
副作用が出る心配もあったけれど、アデルは副作用が出る事も殆ど無く、
リンパの腫れはすぐに治まり、治療の効果が出ているようだと安心していたのに。。。

私達が、滋賀から三重へと移動した5月3日(木)の夜から、アデルの体調に変化が現れました。
徐々に食欲不振になり、下痢をするように。
5日(土)には、水も飲まなくなった為、病院で診察と点滴。
しかし、一晩中、嘔吐と下痢を繰り返し、落ち着かない夜。
そして翌朝、母と姉が見守る中、眠るように静かに息を引き取りました。

この日は、三重から栃木へと戻る予定だった私達。
そんな私達にもちゃんとお別れが出来るよう、アデルはこの日に旅立ったのかもしれない。
そんな風に思いながら、アデルと最期のお別れをする為、
滋賀の実家へと向かう中、アデルとの色々な思い出が頭を駆け巡る・・・

13年前、ペットショップで出会い、うちの子になったアデル。
20120509-014.jpg

まだ大学生だった私の長い春休みを利用して、アデルの教育係りを任された私。
でも、お散歩デビュー後、外でなかなかトイレをしてくれないアデル相手に、即効根をあげたっけ。
20120509-015.jpg

ボール遊びが大好きで、
20120509-016.jpg

水遊びも大好き。
20120509-017

母の愛情に育まれ、一時、40kgオーバーのメタボワンコにもなったね。
20120509-018.jpg

シニアになってから、プリモという11歳違いの孫みたいなのが出来て、
20120509-002.jpg

しばらくぶりに一緒に琵琶湖にお散歩に行ったね。
20120509-003.jpg

常に食欲旺盛、食べる事が大好きだったアデル。
20120509-001.jpg

プリモの持ってきた骨の玩具に興味津々で、歯が折れないかとヒヤヒヤしたよ・・・
20120509-005.jpg

大きくなったプリモに遠慮して、日向ぼっこの場所を譲り、
20120509-004.jpg

気が向くとプリモにちょっかいを出してたけど、ちょっと年齢差がありすぎたね。
20120509-020.jpg

歩けなくなったら使おうと思っていたお散歩カートは、結局一度も使わずじまい。
10年後、プリモが使うかもしれないから、その時は譲ってもらうね。
20120509-006.jpg

色んな思いが溢れる中、安らかに眠っているアデルに最後のお別れをして、
動物病院に寄り道してからペット霊園へと向かうアデルを、プリモと一緒に見送りました。
20120509-008.jpg

すごく悲しいし、寂しいけど、
沢山の楽しい時間、幸せな時間を与えてくれて、心から感謝してるよ。
ありがとう、アデル。
お母さんが虹の橋にやって来るまで、ちゃんと待っててあげてね。
20120509-021.jpg
Posted by primo1026
comment:40   trackback:0
[アデル
comment
アデルちゃん虹の橋に旅立ってしまったんだね…。
旅立つ前に大好きな人に会えて嬉しかっただろうに
アデルちゃんは家族にたくさんたくさん愛されて幸せだったんじゃないかな。

気の利いたコメントが出来なくてごめんなさい。

ご冥福をお祈りいたします
2012/05/10 18:41 | | edit posted by yukichan
アデルちゃん、ご家族に見守られて旅だったのね。
プリモちゃんご一家も帰省の時でまるで見計らったかのように…。
最後にお別れが出来て、、、。

アデルちゃんのご冥福をお祈りいたします。
2012/05/10 20:54 | | edit posted by パリちゃん
アデルちゃん、お疲れ様でした。
プリモママさんのお母様も、ママさん、パパさん、プリモちゃんも、
沢山心配されましたよね…お疲れ様でした。

我が家の先代ラブ・夕弦も、先天的に肝臓が悪く、5歳を目前にして肝機能障害、
そして最終的には肝癌となって旅立ちました。
それでも旅立つ数日前までは、食欲はなかったもののボールに興味を示したりして
獣医さんがびっくりする位に元気に過していたんです。

長期間の介護を覚悟していたのに、私達に辛い思いをさせるまいと思ったのかな…
なんて考えたり。アデルちゃんもそうだったのかな、と…

暫くは寂しい日々が続くかと思います…特にお母様はお辛いでしょうが、
アデルちゃんとの楽しかった沢山の思い出が、きっと皆様を励まし、
立ち直らせてくれる事を祈っています。

とりとめのない事を長々とすみません…
アデルちゃんのご冥福を、心からお祈りします。
2012/05/10 21:06 | | edit posted by maki
ご無沙汰しております。
アデルちゃん、虹の橋を渡られたんですね・・・。アデルちゃんお疲れ様。
プリモちゃんママさん・パパさん・お母様、心中お察しいたします・・・。
今は寂しくお辛い日々かと思いますが、いつの日かアデルちゃんとの楽しい思い出話を笑って言える日が来ることを願っています。
アデルちゃん、お空からお母様やプリモちゃんパパ・ママさんをずっと見守っていてくださいね・・・。

ご冥福をお祈りいたします。
2012/05/10 21:43 | | edit posted by うさママ
最後にお別れができて良かったですね。

アデルちゃん、きっと自分のお母さんやお父さんに会ってほめられてるんじゃないですか?
 『アデルもアデルの家族も幸せだったな』
って。

月並みなことしか言えませんが、ご冥福をお祈りします。

2012/05/11 00:09 | | edit posted by maki(R)
アデルちゃん、みんなが帰って来るのを待って
『ありがとう』って、お別れが言いたかったんだと思います。

アデルちゃんのお顔は、とっても穏やかで
沢山の愛情に包まれている事が良く分かりました。

ご冥福を心からお祈り致します。
2012/05/11 06:50 | | edit posted by AXEL
色んな意味での盛り盛り沢山なGW
アデルちゃん旅立ってたんですか・・・

皆さんお辛いと思いますが
幸せでステキなwan生を送ったアデルちゃんは
きっと虹の橋のたもとで満面の笑みでいますよ!
愛犬が亡くなるのは本当に本当に悲しいことだけど
愛犬より先に逝くのはもっと悲しくwanも可哀想だから・・・
お母様もさぞかしお淋しい事と思いますが
楽しい思い出が支えになるよう私も願っています

楽しい思い出がいっぱい有った
アデルちゃんは感謝の気持ちで旅立ったと思います♡
ご冥福をお祈りいたします・・・
2012/05/11 09:13 | | edit posted by momo&heartyママ
すっかり、ご無沙汰して、久しぶり!と思ったら…
アデルちゃん、亡くなられたと聞いてびっくりしました。
だけど…やっぱり顔に出るね。アデル、穏やかで満足そうな写真ばかりだね。きっと幸せな犬生だったと、思います。きっと天国で、仲間と楽しくやってるはずだね。
ご冥福をお祈り致します。
2012/05/11 09:56 | | edit posted by たば
アデルちゃん、本当にお疲れ様でした。

大好きなお母さんとお姉さんに見守られ、
旅立っていったんですね。

そして、間違いなくprimoさんを待っていましたよね…。
最後にお別れが出来て、
アデルちゃんはお姉ちゃん孝行でしたね。

アデルちゃんのご冥福を、心からお祈り致します…。

2012/05/11 12:40 | | edit posted by 野乃母ちゃん
アデルちゃん、みんなに「ありがとう と さよなら」を伝えて旅立ったんですね。

お別れはさみしいですね。。。

でも、出逢えたことで、たくさんの幸せをもらえましたよね。

今頃、虹の橋を渡って。。。
きっと元気に走ってますね。

アデルちゃんのご冥福をお祈りいたします。
2012/05/11 14:08 | | edit posted by のこまま
タムとまさる
動物を飼えば、必ずくる日ですね。
さみしいけど、最後まで家族と一緒に居られて
幸せだった一生ですね。
13歳、大往生です。
アデルちゃんのご冥福をお祈り致します。
2012/05/11 16:31 | | edit posted by まさる
連休中も色々なことがあったのですね!
アデルちゃんのご冥福を陰ながらお祈りします。

アデルちゃん、最後にプリモママに会えるのを待っていてくれた様な・・もう一度犬の十戒を思い出しました。
最近ワン(シーザーかな)に教えられる事が一つあります。

それは、「今を生きている」で常に前向きの姿勢かな~

そんなアデルちゃんの思いもプリモちゃんに引き継がれて
プリモちゃんも育っていくのですね!

そんな風に捉えるとアデルちゃんの分まで可愛がって盛られるプリモちゃんが羨ましいですね!
2012/05/12 09:03 | | edit posted by ケリーのパパ
寂しいですね
悲しくて、辛くてすぐにコメントできませんでした
お母さんは大丈夫ですか?
多分、私と同じ位か、お若い方だと思いますが、
今、私のそばからミシェルがいなくなったらと考えると、お母さんの事が心配になります
でも、アデルちゃんはすごく皆に愛されて幸せだったと思います
私も一緒にいられる時間を目一杯愛してあげようと思います
プリモ母さん,父さん最後に会えてよかったですね

アデルちゃんのご冥福をお祈りいたします
2012/05/12 09:04 | | edit posted by ミシェルママ
アデルちゃん、お疲れ様でした。
読みながら、ウルウルときました・・・。
その日その日を大事に、うちの子との時間をめいいっぱい愛していきたいと思います。


虹の橋に渡る前に会えたのが、よかったですよね。
そういう時、何か引っ張るものありますもんね。

アデルちゃんのご冥福、お祈り申し上げます。
2012/05/12 12:48 | | edit posted by Triumph
アデルちゃん、天国に行ってしまったのですね。
残念です・・・。
でも、きっと幸せな13年間だったのでしょう。
写真がとてもいい表情ばかり
本当に悲しいと思いますが、今頃はきっと天国で楽しく走り回っていますよ!
そして、これからもアデルはきっとプリモママの傍で見守ってくれるはず!!
今まで自分も3度別れを経験していますが、そのことを思い出すたびに頭の中には「stand by me」が流れます。「一緒にいてくれて、ありがとう」その気持ちはアデルにも十分に伝わってますよ。
プリモママに出会ってくれて、ありがとうアデル!
2012/05/13 00:52 | | edit posted by p-belle
家族みんなに最期の挨拶、アデルちゃん頑張ったね!
溢れる思いと、楽しい想い出を胸に旅立ち
きっと今は元気だった頃の様に思う存分走り回っている事でしょうね。
13年の年月で生まれた深い絆。
みんなの胸の中に共有できる大切な宝物ですね。

アデルちゃんへ
しばらくは家族の悲しそうな表情しか見られないかもしれないけれど、雲の上から見守っててあげてね。
その思いが届く頃、またいつものみんなが そこに居るはずだよ。
2012/05/13 09:25 | | edit posted by キャプテン アフリカ
こんにちは
あ~悲しいです。涙がでちゃいました。私も、先代ラブが、肝機能障害で、10ケ月で天国に!ペットロス症候群に、なってしまいました。お母さんが心配ですよね。お大事にして下さい。ヘコんでたら成仏できないと聞いたので、プラス思考で、頑張りましょうね。

心から、アデルちゃんの、ご冥福、お祈り致します。
2012/05/13 19:40 | | edit posted by ラフィー
Re: タイトルなし
>yukichanさん
コメント、ありがとうね。
今回会えるのが最後かも・・・という覚悟はあったものの、
予想外に早く逝ってしまったのでショックも大きかったけど、
きちんとお別れが出来た事が、せめてもの救いかと思っています。
うん、きっと幸せな犬生だったと思う!!穏やかな良い顔してたから♪
2012/05/13 20:42 | | edit posted by primo1026
Re: タイトルなし
>パリちゃんさん
コメント、有難うございます。
アデルは、姉が起床してきて5分も経っていない内に旅立ったそうです。
母と姉に見送ってもらえるよう、そして、私達に元気な姿の内に会えるよう、
タイミングを計っていたかのような最期でした。

動物は自らの死期が分かると言いますが、あまりのタイミングの良さに
最期の最期まで気遣ってくれて『ありがとう』という気持ちで一杯になりました。
2012/05/13 20:51 | | edit posted by primo1026
Re: タイトルなし
>makiちゃん
コメント、有難うございます。
お会いした時にアデルの事をお話していた矢先に、アデルは旅立ってしまいました。。。
闘病・介護生活も覚悟していたのに、そんな生活は実質2日間だけ。
夕弦ちゃん同様に、アデルも手の掛からないように気遣ってくれたんでしょうかね。

体調に変化があってから旅立つまでがあまりに早かったので、
途中経過を知らなかった私は、突然の事にショックでしたが、
辛く苦しい闘病生活を送る事を考えたら逆に良かったのかなと、今は思っています。

またアデルの写真を見ると悲しみが込み上げてきますが、
プリモに癒されながら、気持ちを整えています。
きっと、母が一番寂しがっていると思いますが、makiちゃんが仰る通り、
アデルとの思い出が前向きにさせてくれると信じて進まないとダメですね!!
時間はかかるでしょうが、ゆっくり頑張ります!!
2012/05/13 21:05 | | edit posted by primo1026
Re: タイトルなし
>うさママさん
コメント、有難うございます。
アデルの旅立ちから一週間、まだ写真を見ると悲しみが込み上げてきますが、
悲しみ<楽しかった思い出、という気持ちに切り替わって来ました。
プリモがいてくれる事で、癒されている部分が大きいです。

実家の母が一番寂しがっていると思うので心配ですが、
アデルとの思い出が少しずつ前向きにさせてくれると信じて、今は進むしかないですね。
時間は掛かると思いますが、ゆっくりと頑張ります!
2012/05/13 21:13 | | edit posted by primo1026
Re: タイトルなし
>maki(R)さん
コメント、有難うございます。
最期のお別れは、きっと栃木にいて出来ないだろうと思っていたので、
思いがけずにきちんとお別れが出来た事、タイミングを計ってくれたアデルに感謝です。
そこまで気遣ってくれて、最期まで本当に良い子でした。
こんなに良い子だったら、確かに褒められてそうですね♪
『アデルもアデルの家族も幸せ』、この言葉が胸にぐっと来ます。。。
2012/05/13 21:20 | | edit posted by primo1026
Re: タイトルなし
>AXELくん
コメント、有難うございます。
そうですね、アデル、きっと待っててくれたんですよね。
いつもは母の事ばかり目で追うアデルが、私の目をじっと見てくれた瞬間があったんです。
その時に、『あれ?いつもと何か違うな・・・』って思ったんです。
もしかして、言ってくれてたんですかね、『ありがとう』って。

予想外に早く逝ってしまいましたが、
ちゃんと最期のお別れが出来た事は本当に良かったです。
『待っててくれて、ありがとう』ですね。
2012/05/13 21:28 | | edit posted by primo1026
Re: タイトルなし
>momo&heartyママさん
コメント、有難うございます。
楽しかったGWでしたが、最後の最後に悲しい出来事がありました。。。
予想外に早く旅立ってしまったので、連絡を受けた時は驚きと悲しみで一杯でしたが、
ちゃんと私達にもお別れが出来るようにしてくれたのかなと、前向きに捉える事が出来ました。
栃木にいる時だったら、最後のお別れも出来なかったですから。。。

今はまだ、写真を見たり皆さんのコメントを見ると悲しみが込み上げてきますが、
アデルとの楽しかった思い出が、少しずつ悲しみを薄れさせてくれると思って、頑張ります。
いつも通りのプリモがいてくれる事も大きな支えですしね♪
2012/05/13 21:36 | | edit posted by primo1026
Re: タイトルなし
>たばさん
コメント、有難うございます。
アデルは13歳という高齢だった事もあり、以前から『その時』の覚悟はしていましたが、
病気と言いながらも、とっても元気そうにしていたので、急変にビックリでした。
私達がいる間は頑張ってくれていたのかな・・・と思っているのですが、
最期のお別れがきちんと出来た事は、本当にアデルに感謝です。
穏やかで満足そうな顔、本当は大好きな母を見つめる熱い視線なんですけど、どれも良い顔してますよね

大好きな母を見つめる瞳なので、『幸せ』が溢れている表情なのかもしれません♪
2012/05/13 21:44 | | edit posted by primo1026
Re: タイトルなし
>野乃母ちゃんさん
コメント、有難うございます。
アデル、待っていてくれたと思います。
私達が滋賀にいる間はとっても元気だったのに、突然の急変。
タイミングを見計らったかのような最期に、アデルの気遣いを感じました。
最後の最後まで、本当によく出来た子だったと思います!
『待っていてくれて、ありがとう』の気持ちで一杯ですね。
2012/05/13 21:48 | | edit posted by primo1026
Re: タイトルなし
>のこままさん
コメント、有難うございます。
はい、お別れはとっても寂しいです。。。
でも、のこままさんが仰る通り、アデルと出会えたからこそ得られた幸せは、本当に沢山ありますね。
頭の中を駆け巡る、沢山の思い出が物語っています♪

今は悲しみで一杯ですが、きちんとアデルと最期のお別れが出来たので、
気持ち的にはスッキリしています。
栃木にいる時だったら、直接『ありがとう』も伝えられなかっただろうし、
タイミングを計ってくれたアデルに感謝しています。
2012/05/13 21:53 | | edit posted by primo1026
Re: タムとまさる
>まさるさん
コメント、有難うございます。
動物を飼うと、避けては通れない試練の時です。。。
今回のアデルで4度目のお別れになりますが、何度経験しても、寂しくて辛い時間ですね。
でも、13歳という大往生、そして、きちんと最期のお別れが直接出来た事に納得なので、
あとは、時間が悲しみを薄れさせてくれるのを待つだけ!
時間はかかると思いますが、ゆっくりと気持ちを整理して行こうと思っています。
2012/05/13 21:58 | | edit posted by primo1026
Re: タイトルなし
>ケリーのパパさん
コメント、有難うございます。
楽しいGWだったのですが、最後の最後に悲しい出来事がありました。。。
覚悟はあったものの、もう少し先の事だと思っていたので、
連絡を受けた時は、ショックと悲しみで一杯でした。
でも、仰るように、私達の事を待っていてくれたような最期だったので、今は納得しています。
タイミングを計ってくれたアデルに、本当に感謝です!

『今を生きている』
時間はかかる思いますが、私もこの言葉を肝に銘じて前進していこうと思います。
2012/05/13 22:06 | | edit posted by primo1026
Re: 寂しいですね
>ミシェルママさん
コメント、有難うございます。
母の事も気にかけて頂いて・・・有難うございます。
アデルの事を一番お世話していたのが母なので、今はとても寂しがっています。
闘病・介護生活に備えて購入したお散歩カートを使う事など、
まだアデルとやりたい事があったみたいなので、予想外に早く旅立ってしまって辛いとは思います。
でも、『してあげられるだけの事は全部出来た!』と言い切っていたので、
母のその言葉に悔いは無いと思います。
悲しみは時間と思い出が癒してくれますし、ゆっくりと前に進んでいけると思います。
母のように『全部出来た』と言い切れるような愛し方、接し方が出来るよう、私も頑張ります!
2012/05/13 22:16 | | edit posted by primo1026
Re: タイトルなし
>Triumphさん
コメント、有難うございます。
アデル、頑張りました!
私達が帰省している間は病気の欠片なんて見せる事もなく、とても元気にしていました。
それが、突然の急変で旅立ってしまったので、途中経過を知らなかった私はショックでしたが、
きちんとお別れが出来るようにタイミングを計ってくれた事、本当にアデルには感謝です。
栃木にいる時だったら、直接『ありがとう』も言えなかっただろうし、
気持ち的にもスッキリ出来なかったと思うので、ある意味、良かったんだと思います。

覚悟はしていても辛い別れなので、愛犬との毎日には日々感謝して、
日々悔いが残らないような愛し方、接し方をしていこうと、改めて私も心に誓いました!
2012/05/13 22:22 | | edit posted by primo1026
Re: タイトルなし
>p-belleちゃん
コメント、有難うございます。
覚悟はしていたものの、やはりお別れは辛く悲しいものですね。。。
アデルの写真、カメラ目線の物が殆どなくて・・・でも、どれも良い顔してるんですよね。
大好きな母を目で追っているのですが、大好きな人を見つめる顔だからこそ、
余計に良い表情に写るのかもしれませんね♪

私も今回のアデルとのお別れが4度目。
何度経験しても、悲しみで一杯になります。
でも、離れていたら伝えられなかった気持ちを、きちんと直接伝えられた事が救いです。
私達の帰省を待っていてくれたかのような最期、アデルには本当に感謝です。
2012/05/13 22:30 | | edit posted by primo1026
Re: タイトルなし
>キャプテン アフリカさん
コメント、有難うございます。
最後の挨拶、お互いにきちんと伝える事が出来て良かったです。
私達の帰省に合わせてくれたかのような最期、アデルには本当に感謝です。

今はまだ辛くて悲しい気持ちで一杯ですが、雲の上から見守られている思うと、
いつまでもメソメソしていられないですね!!
アデルへの温かいメッセージが、胸に響きます。
素敵なメッセージを本当に有難うございます♪
2012/05/13 22:36 | | edit posted by primo1026
Re: こんにちは
>ラフィーくん
コメント、有難うございます。
プラス思考、本当にその通りですね!
いつまでも悲しんでばかりいられませんよね。

ラフィーママさん、先代ワンコは10ヶ月でお見送りされたんですか。
早すぎる旅立ちにショックだったでしょうね。。。
アデルは13歳で病気も発症していたので、ある程度の心の準備は出来ていましたが、
10ヶ月なんてまだまだパピーで成長期なのに、辛すぎる別れでしたね。
年月には関係なく、お別れは辛く悲しいものですが、
時間はかかっても、ゆっくり前向きに進んで行けるように頑張ります!!
2012/05/13 22:41 | | edit posted by primo1026
何だか悲しくてコメントしようか迷いましたが、やっぱりコメントさせて下さい。

アデルちゃん…ブログでその可愛いお顔を拝見しては癒されてました。残念です。
きっと、primoさんを待っていたのですね。
最後に有難うを伝えたかったのだと思います。

可愛い笑顔は、とても高齢犬には見えません。プリモちゃんと並んで楽しい時間を過ごし、何かを伝えたのかもしれませんね。プリモちゃんに聞いてみたいです。

虹の橋には沢山のお友達がいます。
きっと寂しくないですね。
うちのらぶもいるので、宜しくね、アデルちゃん。

残された者はいつも寂しいですが、ゆっくり前を向けると良いなと思います。
2012/05/14 16:07 | | edit posted by i.mana
Re: タイトルなし
>i.manaさん
コメント、有難うございます。
今回が最期になるかもしれないという覚悟はあったものの、
途中経過を知らなかった私は、あまりに突然の事でとてもショックでした。。。
でも、ちゃんと最後のお別れが出来るように、タイミングを合わせてくれたんだと思うと、
アデルに最後の最後まで感謝です♪

アデルとプリモ、この二犬の間にも、これまでとは少し違う空気が流れていたような気がします。
何が違うと言うと具体的に説明出来ないですが、プリモの接し方が『いつもと違う』だったんですよね。
動物は自らの死期が分かると言いますし、i.manaさんが仰るように、
アデルはプリモに何かを伝えていたのかもしれませんね。

空からアデルが見ていると思うと、しんみりする気持ちも徐々に切り替えて、
前を向いて頑張ろうと思います!プリモもいてくれますし♪
アデルも、きっと虹の橋のお友達と走り回ってますよね!らぶちゃんも一緒に。
2012/05/14 21:24 | | edit posted by primo1026
こんばんわ。いつもこっそり読ませていただいてました。

私の愛猫もGWに虹の橋を渡り、primoさんの気持ちを考えたらコメントせずにはいられませんでした。

どの写真もいいお顔して笑っていますね。とっても可愛いです。アデルちゃんが大切に育てられたからいい笑顔なんですね。

ご冥福をお祈りいたします。
2012/05/14 22:37 | | edit posted by katsuoume
Re: タイトルなし
>katusoumeさん
コメント、有難うございます。
私もkatsuoumeさんのブログ、こっそり拝見しています。

ダナちゃん、アデルより少し先に虹の橋へと旅立ったんですね。
高齢だからと覚悟はしていても、やはり突然のお別れはショックなもの・・・
時を同じくして同じ境遇なので、katusoumeさんのお気持ち、お察しします。
でも、その悲しみを癒してくれる存在がいてくれる境遇も同じ。
そんな存在がいてくれる事に感謝して、少しずつ前向きにいきましょうね♪
2012/05/15 21:04 | | edit posted by primo1026
アデルちゃん、最後の時をご家族に見守られてとっても幸せだったと思います。
本当は、もっと前にこのブログを読んでたんですが、悲しくてなんてコメントしたら良いのかわからず、おそくなってしまいました。

ワンコは、初めは自分より年下なのに、そのうち同じ年になって、自分をあっという間に追い越してしまうんですよね。
決して長くない犬生、改めて少しでも幸せに過ごさせてあげたいと思いました。

アデルちゃんのご冥福をお祈りいたします。
2012/05/15 22:16 | | edit posted by niko-165
Re: タイトルなし
>niko-165さん
コメント、有難うございます。
予想していたよりも早くにやってきたお別れでしたが、
最後のお別れがきちんと出来て、本当に良かったと思っています。

犬の一生・・・人の7倍の早さなんですよね?
あっという間に過ぎてしまうからこそ、一分一秒を大切にしたいですね。
愛犬が旅立つ時、『この子は満ち足りた一生を送った』、
そう思って見送ってあげられるよう、沢山の愛情を注いで幸せな犬生を歩ませてあげたいと思います。
2012/05/16 22:20 | | edit posted by primo1026
comment posting














 

trackback URL
http://1026primo.blog74.fc2.com/tb.php/528-1be672f6
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。