黒ラブ・プリモの日記
献血協力
先週のこと。
プリモ、お友達のエディ君と一緒に所沢へお出かけしました
目的地は、『日本小動物医療センター』。
ここでの献血に協力する為、事前の血液検査&身体検査を受けて来ました。
20140122-000.jpg

献血協力するのは、プリモの大切なお友達・アドルフ君
20140122-001.jpg

昨年の11月1日、アドルフ君は組織球性肉腫と診断され、余命宣告を受けました。
抗がん剤治療をしなければ、4-5日の命・・・
抗がん剤治療の効果があったとしても、延命出来るのは2ヶ月程度だと・・・
少しでも延命できるなら!と、抗がん剤治療を頑張っていたアドルフ君。
でも、脾臓に出来た腫瘍が破裂寸前まで大きくなってしまった為、
危険を覚悟で摘出手術を行う事に。
腫瘍が原因で貧血状態に陥り、何度か命の危機が迫ったものの、
アドルフ君の気力とお友達からの献血協力を経て、何とか摘出手術は成功しました。
手術は成功したものの、体内のガンが全て無くなった訳ではないので、体調は一進一退。
その日その日で血液の数値も変わる為、術後も輸血が必要な状況が続いています。
20140122-005.jpg

プリモが検査に行った日は、アドルフ君の術後2日目。
血液検査の結果を待っている間、少しだけ一緒に外に出ました。
物凄く悪い状況を想像していたのに、自分の足で歩いてトイレにも出るし、
思っていたよりも遥かに元気そう
20140122-002.jpg

アドルフ号に自ら乗り込み、帰ろうとする程。
20140122-003.jpg

トイレ散歩を終え、病院へ戻ろうとすると必死に抵抗
お腹の傷口が開く~と、大慌てのアドルフママ。
こんな姿だけ見ていると、重篤な状況には思えないのに・・・
20140122-04.jpg

待つこと1時間半、血液検査の結果が出ました。
プリモ・エディ君共に、血液型は陽性(+)。
数値にも問題が無いので、第一段階の献血候補には合格しました
20140122-0011.jpg
実際に献血する際には、アドルフ君の血液とマッチするのか、
お互いの血液を試験管の中で適合させるクロスマッチテストを行い、
溶血(赤血球が壊れる事)や凝集(血球が固まる事)の有無を確認。
これに合格して初めて献血が出来る状態になります。

人間と同じように血液製剤の供給システムが確立されていれば、
こんな手間は不要なんだろうけど・・・
飼い主自らが協力してくれるワンコを探し、お願いするのが現状のワンコ界。
医療が進歩したとはいっても、まだまだ行き届いていない所がもどかしく感じます。

検査の後は、みんなでランチして、ワンズは航空公園の無料ランで一遊び。
20140122-006.jpg

慣れない場所・病院で緊張してたけど、ここで少しだけリフレッシュ出来たかな
20140122-007.jpg

今回の件で、ワンコ界の献血協力の大変さを実感。
身体の大きな大型犬は輸血に必要な血液量も多いので、協力ワンコも大きくないとダメ。
もし、プリモに輸血が必要だとなった時、協力してくれるワンコはどれ位集まるだろう?
しかも、自分が住んでいる地域ではなく、遠方の病院となったら・・・
どこまでの治療をしてあげられるのか、どこまでの治療をすれば納得出来るのか、
大切な愛犬の命と向き合う難しい選択・・・考えても答えが出ない・・・
辛い状況の中、毎日懸命に戦っているアドルフ君とパパさん・ママさんには
本当に頭が下がる思いでいっぱいです。

協力できる事は限られているけれど、
献血の要請が入った時の為に、栄養いっぱい取って体力つけとかないとね
20140122-010.jpg
Posted by primo1026
comment:9   trackback:0
[病院
comment
タムは陰性でしたv-406
アドルフ、何とかがんばって 数値が安定して家に帰れるようになってほしいです。
見た目が元気なので余計にそう思います。
アドルフのパパさん ママさんの体調も気になります。

航空公園のラン、結構遊べましたか?
あそこはバニがたくさん来るんですよ~^^

またクッキーと遊んでくださいね。
2014/01/22 23:34 | | edit posted by タムとまさる
驚きました
アドルフくん大変なんことになっていたんですね。
お写真で見る限りは変わりなさそうなのに・・・。

先住犬ゴルのクーパーも脾臓摘出しました。
HP内の月記帳に写真も載せてあるけれど驚くほどの大きさでした。
クーパーは年齢もいっていたので無理な治療はしないと決めていたけれど…。
摘出後は普通にお散歩もできるようになり貧血も無くなり頑張ったんですよ。

お友達からの供血はとても重要ですよね。
ネットのお友達は遠すぎたら難しいから関東圏内が望ましいし
お散歩友達だって条件に一致するお友達を探しておかなければならない。
今、プリモちゃんにできることはお友達の為に元気に体力をつけて
いざという時に協力できるようにしておくことですね。
アドルフくん今でも頑張っているだろうけれど頑張って!
2014/01/23 09:45 | | edit posted by パリちゃん
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/23 19:43 | | edit posted by
Re: タイトルなし
>タムとまさるさん
タム君、陰性で一致しなかったんですね・・・残念。
でも、クッキーちゃんが献血してくれたんですよねe-267
そのおかげでアドルフ君の命が繋がっているので、クッキーちゃんには感謝感謝です。
アドルフ君もきっと辛くて大変なんだと思うけど、もう少し頑張って退院して欲しいですね。

アドルフパパ・ママさんも毎日がとっても大変な状況だと思います。
所沢まで日々出向く事だけでも大変なのに、献血協力してくれる方々への連絡など、
心休まる時間がほとんど無いのではないかと・・・e-263
頻繁に連絡するのも負担になると思うので、私は陰ながらの応援しか出来ませんが、
一日でも早くアドルフ君が退院して、お家でゆっくり過ごせる日が来る事を願っていますe-459

航空公園、ちょこっとだけしか滞在していませんが、
あの広さのランが無料で使えるのは有難い施設だと思いました。
地面が芝生だったら文句無しなんですけど・・・贅沢かe-446
こちらこそ、またご一緒させて下さい♪
2014/01/23 21:26 | | edit posted by primo1026
Re: 驚きました
>パリちゃんさん
そうなんです・・・突然の出来事でした・・・
元々遺伝的要因の強い病気を持っていた事もありますが、
同胎ワンコが同じ病気で亡くなっていた事もあり、
通院時に定期的にエコーをしたり、体調面は入念にチェックされていたのですが、
1ヶ月前には何も無かった所にガンが出来ていたそうですe-263
年齢が若いだけあって、進行のスピードも劇的に早かったとか・・・。

治療方針も色々と悩みながら決断されていますが、
聞いているだけでも、本当に辛い選択を強いられていると感じます。
どうしてあげる事が一番良いのか、正しいのか、分からない・・・って。
無理な延命には私も考える所がありますが、少しでも苦痛を和らげてあげられるなら、
治療が出来るのなら、もう少し一緒に居たいって思いますよね。
その為のお手伝いが出来るのなら、献血の協力は容易い事ですe-271
私が出来る事は限られているし、陰ながらの応援しか出来ませんが、
もう少し頑張って、無事にアドルフ君が退院してくれる事を願うばかりです。
2014/01/23 21:42 | | edit posted by primo1026
はじめまして!
初めてコメントします。アドルフ君のブログから来ました。
わたしも、昔、バニを8才で肝臓がんで亡くした経験があります。

今回、輸血協力お疲れ様です。

自分の家族、人間なら保険や医療が確立しているから人間はいいですが、やはり動物には、飼い主の経済的負担は大きく、我が家のバニは、苦しませて死なせてしまったと思ってます。

わたしは、遠い存在ですが、プリモチャンママさんたち、近い存在の方々の協力ってすごく心強いですよね。
私はアドルフ君のブログを見て心配するばかりですが、飼い主同士の医療協力は、信頼関係の上に成り立ってると思います。協力を求められず亡くした命もたくさんある中、素晴らしい関係を築けていることに感動してしまい、いきなりこんな長いコメントしてしまいました。

これからもこの素晴らしい関係が続きますように。
2014/01/24 08:16 | | edit posted by 渡辺あさみ
アドルフ君がんばれー❤

ハーちゃんもいざと言うとき供血するつもりで
一緒にワン友君の手術について行ったことがありましたよー
少しでも助けになりたいもんね!


↓エルモちゃんお洋服お似合いですー♪
2014/01/24 16:39 | | edit posted by momo&heartyママ
Re: はじめまして!
>渡辺あさみさん
ブログへの訪問&コメント、有難うございますe-266
アドルフ君の件では、沢山の応援や励ましを頂き、本当に感謝しています。
輸血には相当な手間と労力・そして何よりお友達との協力体勢が必要不可欠である事、
今回の件で、私も沢山学ばせて貰っている所です。
確かに、医療協力は信頼関係の上に成り立っていますよね。
アドルフママさんの人柄・人徳もあってこそ、アドルフ君の命が繋がったので、
このような関係が築けている事、その一端に参加出来ている事、私も嬉しく思いますe-446

渡辺さんも愛犬との辛い別れを経験されているんですね・・・
どんな最期だったとしても、飼い主は少なからず後悔・反省を抱えると思います。
『もっとしてあげられる事があったんじゃないか・・・』って。
でも、どんな最期だったかが大切なのではなく、
それまでどんな日々を過ごしてきたかが大切なんだと思います。
例え、最期が辛く苦しくても、それまでの犬生の方が遥かに長くて価値ある物ですもんね。
だからこそ、一日一日を大切に愛情たっぷり接してあげたいと強く思いますe-2
2014/01/24 22:08 | | edit posted by primo1026
Re: タイトルなし
>momo&heartyママさん
アドルフ君への応援、有難うございますe-266
抗がん剤治療で大変そうですが、今の所は、ギリギリ輸血なしで頑張っています。
ここを乗り切れば退院が近付くと思うので、何とかもう少し粘って欲しいです。

ハーちゃん、供血協力の過去があるんですね。
供血なしでオペが出来るに越した事はないですが、
協力してくれるワンコがいるだけで、飼い主さんにとっては励みになったでしょうねe-454
精神的支えも大きいですもんね。

エルモコレクション、着々と増えておりますe-319
私のお小遣いから・・・e-263
2014/01/24 22:13 | | edit posted by primo1026
comment posting














 

trackback URL
http://1026primo.blog74.fc2.com/tb.php/851-f5d76e84
trackback