黒ラブ・プリモの日記
ハゲ
2ヶ月位前から気になっていたプリモのお肌事情。
換毛期シーズンではあるけれど・・・さすがにちょっとおかしい
20150612-001.jpg

明らかに地肌見えてる・・・
20150612-002.jpg

首周りにも薄毛箇所が増え、更には湿疹痕&オデキも発見
20150612-03.jpg

というわけで、病院へ
順番待ちの間にお散歩をして、いざ診察。
20150612-004.jpg

体重32.6kg
一ヶ月前、狂犬病ワクチンを受けた時は33kg台に戻ってたのに、また減ってる

触診をした瞬間、先生から一言。
『バリカンとかでカットした?』
そんな訳ないじゃないですか~
そんな風に言いたくなるほど、毛の状態が悪かった模様
薄毛ではあるけれど、次の毛が待機しているので脱毛症状ではないと
換毛バランスが崩れて、肌トラブルに繋がっているんだとか。
オデキは、細胞診の結果『のう胞』。
悪いものではないので、特に処置することもなく終了。

ベビ男の誕生によりストレス三昧のプリモ
体重減少が回復傾向になり安心したのも束の間、今度はハゲ
20150612-005.jpg

これから益々活発になるであろうベビ男。
プリモの試練はまだまだ続く・・・頑張れ
20150612-006.jpg


Posted by primo1026
comment:4   trackback:0
[病院
コレステロール
先月下旬、プリモのワクチン接種のため病院へ
これまでなら、診察までの待ち時間にガッツリお散歩していたけれど、
ベビ男と一緒だとそうもいかず・・・病院周辺をテクテク
20150420-001.jpg

不十分なお散歩で満足してないけど・・・あとはひたすら待機。
20150420-002.jpg

そして、ワクチンの前に診察。
体重31.3kg
里帰り中に痩せちゃった分、そのままか・・・フード増量キャンペーン開催中なのに
先生からも、『これ以上は体重を減らさないように』って。
ラブで太りすぎを懸念される事はあっても、痩せないように言われるって珍しいでしょ

触診
 問題なし
心臓エコー
 これまで同様、心臓から大動脈への出口で血液が混ざるけれど、大きな問題はなし
血液検査
 総コレステロール値が基準値オーバー
 痩せてるのに
 体重増やしたいのに、どうすりゃ良いの~
 他にも基準値から外れている項目はあるものの、大きな問題はなし。
20150420-003.jpg
 
最後に、ワクチンをプチッとして診察終了。
まだまだ若くて元気なプリモだけど、
はしゃぎ過ぎて足を痛めたり、血液検査がオールクリア出来なかったり、
これまでとは異なる所もチラホラ
プリモとじっくり向き合う時間が減っている分、小さな変化を見落とさないように気をつけよ
Posted by primo1026
comment:0   trackback:0
[病院
キャイン
2年ぶりのお友達集合を楽しんだ日、
ドッグランでハスキー女子と一戦を交えたプリモ
どこかを負傷したようで、寝返りを打つと出ちゃう『キャイン
しかも、死んだように寝ていて全然起きない・・・疲れてるだけ?
身体を触っても痛がる様子はなく、最初は気のせいかと思ったけれど、
夜中にも聞こえて来るプリモの『キャイン
20140603-001.jpg

翌日、動物病院へ
体重34.3kg
4月頭のワクチン接種時から比べると、3kg増加
先生から、『随分増えましたね~。でも、もうこの辺でストップですからね』と

いざ、診察。
念入りに触診して貰うものの、痛がる様子を見せないプリモ・・・あれ?
結果、体を変に捻ったりして一時的に痛めたんじゃないかとの見解。
鎮痛剤3日分を処方してもらい、触診終了。

そして、以前から気になっていたプリモの飲水量について質問。
パピ子時代からお水をよく飲むプリモ。
それが、ここ数ヶ月で更に飲む量が増えた気が・・・
大まかだけれど計ってみた所、1日2リットル前後の飲水量
気温が高くなっている事もあるけれど、やはり飲み過ぎ。
先生曰く、プリモの体重だと1リットルが適量。
多めに見積もったとしても1.5リットル程度が基準になるとの事。
明らかにプリモは飲みすぎ
多飲多尿は病気のサインとも言うので、おにょにょ検査のキットを貰い診察終了。
20140603-002.jpg

病院に行った翌日、体の痛みは何処へやら?
ヘソ天で爆睡中
20140603-003.jpg

回復早いな・・・
20140603-004.jpg

後日、おにょにょ検査の結果が出ました。
結果・・・『異常なし
緊張や興奮などの精神的な物が原因となり多飲しているんだろうと。
パピ子時代から飲み助だったし、飲み方が下手っぴなプリモは、
周りに沢山こぼしているし、単なる気にしすぎという結果に終りました
さぁ、今後は健康優良児目指して頑張るぞ

【おまけ】
増税前ギリギリで駆け込み購入したサンダル、そろそろ始動です
20140603-005.jpg
Posted by primo1026
comment:4   trackback:0
[病院
31.3kg!!??
4月1日のこと。
狂犬病ワクチンの為、動物病院へ
いつも混んでいる病院が、一年で一番混む季節・・・なので、
今年は張り切って初日から出動する事に

診察開始時間の15分前に到着して、順番は7番目位だったかな?
外出ついでに受付だけ済ませに行ったので、急いでプリモを迎えに帰り、
病院へ向かう途中の緑地公園でプチ散歩
20140404-001.jpg

この間は、一輪だけしか咲いていなかったも、開花が進んでる~。
20140404-003.jpg

とは言っても、まだ1割位しか咲いてなかったけど・・・
20140404-004.jpg

プリモの背景も、全然ピンクじゃないもんね
20140404-005.jpg

ここの桜の満開は週末か?
20140404-006.jpg

検便用のウンピもGet出来たし、病院行っこか
20140404-002.jpg

病院に到着すると、ほどなくしてプリモの順番。
体重31.3kg

ウソでしょ~
めっちゃ減ってる
一時の増量キャンペーンは終了していたものの、それでもフードは以前よりもup。
ウンピの状態も維持出来ているのに、体重が2kgも減ってるなんてショック過ぎる

検便の結果、腸内バランスには問題なし。
エコーでも目立った異常はなし。
摂取カロリーより消費カロリーの方が上回ってる??

腸の状態を調べるには、血液検査やエコーでは分からない為、
腸内の組織を取って来て調べる必要があるんだとか。
でも、その検査も十二指腸までしか内視鏡が届かないので、
その先に異常がある場合は、調べきれないと・・・
フードの量を調整しても体重が増えないようなら、内視鏡検査も視野に入れてみる事に。
でも・・・内視鏡となると全身麻酔・・・悩む選択やわ

念の為、血液検査も。
全体的に、ほぼ問題なし。
白血球数が基準値よりも低いけれど、これまでの結果でも低く出ている時が多いので、
基準値よりは低くても、プリモにとっては正常範囲だろうとの事。
網赤血球数、総白血球数、好中球数、平均血小容積の4項目が低値で出ているけれど、
その他の項目と併せて判断する限り、異常は無いとの事。
20140404-007.jpg

最後に、狂犬病ワクチンをプチッとして診察終了。
100点満点で喜べる結果ではなかったけれど、大きな異常は無さそうで一安心
取り急ぎ、体重増加に向けて増量キャンペーン再開だな

【おまけ】
今日は変わりやすい変なお天気、午後にはヒョウが降りました
20140404-008.jpg
Posted by primo1026
comment:2   trackback:0
[病院
献血協力
先週のこと。
プリモ、お友達のエディ君と一緒に所沢へお出かけしました
目的地は、『日本小動物医療センター』。
ここでの献血に協力する為、事前の血液検査&身体検査を受けて来ました。
20140122-000.jpg

献血協力するのは、プリモの大切なお友達・アドルフ君
20140122-001.jpg

昨年の11月1日、アドルフ君は組織球性肉腫と診断され、余命宣告を受けました。
抗がん剤治療をしなければ、4-5日の命・・・
抗がん剤治療の効果があったとしても、延命出来るのは2ヶ月程度だと・・・
少しでも延命できるなら!と、抗がん剤治療を頑張っていたアドルフ君。
でも、脾臓に出来た腫瘍が破裂寸前まで大きくなってしまった為、
危険を覚悟で摘出手術を行う事に。
腫瘍が原因で貧血状態に陥り、何度か命の危機が迫ったものの、
アドルフ君の気力とお友達からの献血協力を経て、何とか摘出手術は成功しました。
手術は成功したものの、体内のガンが全て無くなった訳ではないので、体調は一進一退。
その日その日で血液の数値も変わる為、術後も輸血が必要な状況が続いています。
20140122-005.jpg

プリモが検査に行った日は、アドルフ君の術後2日目。
血液検査の結果を待っている間、少しだけ一緒に外に出ました。
物凄く悪い状況を想像していたのに、自分の足で歩いてトイレにも出るし、
思っていたよりも遥かに元気そう
20140122-002.jpg

アドルフ号に自ら乗り込み、帰ろうとする程。
20140122-003.jpg

トイレ散歩を終え、病院へ戻ろうとすると必死に抵抗
お腹の傷口が開く~と、大慌てのアドルフママ。
こんな姿だけ見ていると、重篤な状況には思えないのに・・・
20140122-04.jpg

待つこと1時間半、血液検査の結果が出ました。
プリモ・エディ君共に、血液型は陽性(+)。
数値にも問題が無いので、第一段階の献血候補には合格しました
20140122-0011.jpg
実際に献血する際には、アドルフ君の血液とマッチするのか、
お互いの血液を試験管の中で適合させるクロスマッチテストを行い、
溶血(赤血球が壊れる事)や凝集(血球が固まる事)の有無を確認。
これに合格して初めて献血が出来る状態になります。

人間と同じように血液製剤の供給システムが確立されていれば、
こんな手間は不要なんだろうけど・・・
飼い主自らが協力してくれるワンコを探し、お願いするのが現状のワンコ界。
医療が進歩したとはいっても、まだまだ行き届いていない所がもどかしく感じます。

検査の後は、みんなでランチして、ワンズは航空公園の無料ランで一遊び。
20140122-006.jpg

慣れない場所・病院で緊張してたけど、ここで少しだけリフレッシュ出来たかな
20140122-007.jpg

今回の件で、ワンコ界の献血協力の大変さを実感。
身体の大きな大型犬は輸血に必要な血液量も多いので、協力ワンコも大きくないとダメ。
もし、プリモに輸血が必要だとなった時、協力してくれるワンコはどれ位集まるだろう?
しかも、自分が住んでいる地域ではなく、遠方の病院となったら・・・
どこまでの治療をしてあげられるのか、どこまでの治療をすれば納得出来るのか、
大切な愛犬の命と向き合う難しい選択・・・考えても答えが出ない・・・
辛い状況の中、毎日懸命に戦っているアドルフ君とパパさん・ママさんには
本当に頭が下がる思いでいっぱいです。

協力できる事は限られているけれど、
献血の要請が入った時の為に、栄養いっぱい取って体力つけとかないとね
20140122-010.jpg
Posted by primo1026
comment:9   trackback:0
[病院